夜中の為替相場でエントリー重視のシンプルなFX

By: alles inspiratie

結構長い間FXをやっていますが、基本に忠実に売買していればあまり世間で言われているような危なっかしさはないですし、普通に株式投資と同様の資産運用ができると思います。急な暴騰や暴落はいつ来るか予想できないものの、私はほぼ夜だけしか参加しないおかげでそういった歴史的相場をかなり回避できています。日本の為替介入やドバイショックなどの、円高に進んでいたころの急激な変動は日本時間の朝が多かった気がするので、このときばかりは専業でやらずに会社員とかけもちで行っていたことにホッとしました。もともと欧米時間以外だと為替は動きにくいこともあり、そのギャップで余計に大きく動いていた印象があります。

だから結局のところ夜中に売買するのが一番いいタイミングなんだということがわかったから、大体21時ごろから深夜1時の間だけでデイトレをするのが私のFXのやり方です。この時間帯は指標が集中しているから価格が大きく動くことでテクニカルを当てはめづらいと感じる人も多いと思います。でも私は逆で、早く動いて欲しいと思いながら最初の指標前にポジションを持って待機していて、事前に予想した通りのトレードストーリーに沿ってクローズの注文を出しているのです。

基本に忠実といってもすべてが入門書通りの綺麗なチャートを描くことは稀ですし、私がテクニカル分析に頼るのはエントリー時にだけにしています。良いタイミングでポジションを持つことができればそれだけで有利だから、クローズは指標後の状況を見ながら適当なところで決済すればいいのです。だから私が普段手法の構築に注いでいる力はエントリーが8割でクローズが2割といったところでしょうか。

指標の種類と最近のチャートの状況を観察していればある程度予想を当てやすいのがこの夜中の為替相場の救いです。あとはカスタマイズなしの移動平均線さえあれば他は不要なので、初心者並みのシンプル手法で相場と戦っているのにもかかわらずどうにか今日まで勝ち残っています。

コメントを残す